レーザー脱毛はいつでも誰でも受けられるかというと実はそうではありません。脱毛の効果をより高くするために、そして他のリスクを軽減するためには事前に注意しておかなければ施術が受けられない場合もあるのです。

 

ムダ毛処理

レーザー脱毛や光脱毛の光は、メラニン色素に反応するものです。毛を毛抜きで抜いてしまい毛根に毛が残っていない状態の毛穴に対して照射しても反応が起こりません。

 

自己処理の種類としては他に脱色も効果が薄くなりますので、施術前には、ある程度の毛の長さがあったほうが効果的なのです。軽く剃る程度ならばまだ良いのですが、できれば自己処理はせずに施術を受けた方が良いでしょう。

 

 

日焼け

そして、メラニン色素に反応するということは、日焼けをして黒くなった肌に対しても脱毛用の光が攻撃性を持つことになり火傷の原因となります。

 

たとえばワキなどは日焼けをしにくい部位ですし、腕、脚なども少しの日焼けであれば施術を受けられることもあるようですが、できれば施術前にはUV対策をしっかりして日焼けしていない状態を保った方が良いでしょう。

 

逆に施術後も肌が敏感になっていますので、日焼けを避けた方が無難です。

 

レーザーの光は肌の3〜4mmくらいの深部にまでしか到達しない仕組みにはなっていますが、日焼けをした肌のメラニン色素のある層までは届いてしまいます。すると火傷、水ぶくれなど肌トラブルが簡単に引き起こされてしまい、脱毛ができないどころか、他の治療が必要になってしまいますね。

 

具体的に、日本医学脱毛協会では「日焼け後3ヶ月はレーザー脱毛を行わない」と決めているそうなので、それを目安に施術前と、施術開始後は特に日に焼けないよう注意して過ごすようにしてください。

 

 

皮膚の傷

肌に切り傷などの跡が残っている状態で施術をできるかというと、できなくはないのですが、避けるという病院もあります。医師の判断にゆだねるしかありません。

 

多少の傷であれば予定通り施術は行えるということが多いようですが、傷が悪化する恐れがある場合などは施術が先送りとなりますので注意してください。

 

妊娠

生理中の女性も念のため時期をずらされることがあるそうですが、妊娠をした場合には特に、施術の一時中断ということになる可能性があります。

 

特にワキの脱毛ですと汗腺を刺激して、母乳に悪影響が出たりもすると聞きますし、何より妊娠中はそれまでと体質が異なってしまうものです。妊娠前には平気だったものが、妊娠中の体にはとても有毒であったりもするのです。

 

ですから、エステサロンの光脱毛でさえ妊娠中の方は避けるようにしているはずです。医療機関でも当然妊娠の有無を確認されると思いますが、安全な施術のためですから妊娠しているのに無理に施術を受けようとしたりせず、改めて時期の調整をはかりましょう。