電気脱毛

自宅でもエステサロンでも医療機関でも、それぞれの脱毛方法があります。医療機関でもエステサロンでも行える脱毛施術の一つに「電気脱毛」があります。これは、自宅では行えません。

 

方法を簡単に説明しますと、電気の通る針を毛穴にひとつひとつ、地道に差し込んでその電気で毛根を破壊し、毛の再生を妨げる技術です。

 

レーザー脱毛のように、永久性が高いことが謳われていますが、その痛みは相当のもののようで、電気脱毛を利用して脱毛をするのには、高いお金がかかる上に痛みもあるとあってこれまで脱毛が一般に広く普及しなかった原因の一つでもあったと考えられますね。

 

更に、医療機関では施術前に麻酔をかけることも可能ですが、エステサロンでは麻酔は使えません。ですから、エステサロンでは最近の光脱毛技術の取り入れが始まる前はやはり脱毛に行こうという人は今ほどは多くなかったのでしょう。

 

電気脱毛の中に、更にいくつか種類があります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛の場合は針の表面がチタンやゴールドなどで加工されており、これのおかげで金属アレルギーの症状を抑えられるとされています。

 

そして、これは医療機関でもエステサロンの一部でも受けることが可能ですが、先述のようにエステサロンでは麻酔を使用できず、また、電気脱毛の中でもニードル脱毛は特に痛みが強いとされているので、人気が高い脱毛法とは言えないかもしれません。

 

それから、施術者にも一定のテクニックが要求されますから、手馴れていない担当者にケアしてもらった際に、火傷や色素沈着などが起きる恐れもあります。

絶縁針脱毛

絶縁針も、針の表面にニードル脱毛とはまた異なる特殊な加工がされています。針が皮膚を傷めないためだそうですが、これの場合は医療機関(日本医学脱毛協会加盟医院・病院)でしか使用が認められていないため、エステサロンで受けることは少なくとも今のところは不可能です。

 

火傷や色素沈着等の肌トラブルのリスクが低いそうですし、また、脱毛の永久性も高いといわれていますが、やはり痛みはそれなりに伴います。

 

ニードル脱毛よりは痛くないのかもしれませんが、たとえばレーザーや光脱毛に比べればかなり痛いといわれています。