ニードル脱毛と電気脱毛

ニードル脱毛というのは電気脱毛とほとんど同じものになります。もう少し詳しく違いを説明してみましょう。

 

毛穴に針を挿して、電気を通すことで毛母細胞を破壊する、という原理は電気脱毛でもニードル脱毛でも一緒です。では、呼び名以外にどこが違うのかというと、使われる針です。

 

電気脱毛で使われる針は「絶縁針」というもので、これは肌への負担を減らすように設計されている特殊な針です。ニードル脱毛は、この「絶縁針」を使わずにエステサロンで行われてきた、電気脱毛の一種です。

 

絶縁加工がされていない分、肌への負担が大きくなると考えられるため、電気の出力の方を落として医療行為の電気脱毛との差別化をはかろうとしていたようです。

ニードル脱毛を行うサロンは減っています

しかし、サロンでは麻酔が使えませんので、電気の出力を落としても痛みを和らげるのに限界があります。それに、ニードル脱毛が医療行為ではないというのはサロン側の主張にすぎず、施術のプロセスはほとんど同じなわけですから、実際は見解が分かれるところでしょう。

 

絶縁針を使った電気脱毛は医療行為で、絶縁針ではない出力の弱いニードル脱毛は医療行為ではないのか、はたして合法なのか、ということになりますと、ここで明言はできないところです。

 

そして現在は、光脱毛が主流となってきていることも含め、ニードル脱毛を行うサロンはどんどん減ってきています。

 

また、永久性にこだわらないのであれば、細かい産毛などには「糸脱毛」などのサービスを行っているサロンもあり、今はサロンも顧客側も、ニードルにこだわる必要はないという考え方が広まっているように思います。

光脱毛・レーザー脱毛で照射しにくい部位にも施術が可能

なお、ニードル脱毛と光脱毛を比較した際のメリットとしては、光脱毛・レーザー脱毛で照射しにくい部位にも施術が可能だという点があげられます。

 

これに関しても、光脱毛技術が目覚しい進歩を遂げており、特定の光脱毛器は、これまで照射しにくかった部位のために開発されて日に日に「施術できない部位はない」という段階へ進んでいるのです。